ヒアロディープパッチで目元・口元の乾燥小じわは予防・改善できる?

ヒアロディープパッチで乾燥小じわを予防・改善できる?

 

季節の変わり目になると、口元や目元の突っ張るような乾燥を、感じてしまうことはありませんか?

 

ヒアロディープパッチ 乾燥

 

特に目の周りの皮膚は、薄く、水分が蒸発しやすい部分のため、乾燥小じわができやすいことが解っています。

季節の変わり目に感じる「乾燥」を放置していると、乾燥小じわが深く刻まれていく原因になり、目元のたるみにも発展しかねません。

乾燥は、美肌を妨げる1番の大敵です!!

 

乾燥が酷くなると、肌がカサカサになってファンデものらず、化粧崩れもしやすくなります。
そんなお肌の女性たちは、憂鬱な時間を過ごし、笑顔まで奪われてしまいます。

 

負の連鎖を呼び込むきっかけは「乾燥」と言っても過言ではないでしょう。

 

でも・・・

ヒアロディープパッチでお肌の乾燥を予防・改善できるのか気になりますよね。

ヒアロディープパッチ 乾燥

あんなに小さなパッチで、乾燥の季節を乗り越えるのか不安な方もいるかもしれません。

 

そんな方に、ヒアロディープパッチの乾燥対策がどの程度可能なのかをお伝えしますね!

 

 

ヒアロディープパッチで目元の小じわと乾燥を撃退?

 

ヒアロディープパッチは、お悩みの部分に貼り付ける「ヒアルロン酸の針が付いたパッチ」です。

 

ヒアロディープパッチ 乾燥

 

そのため、他の美容液などとは異なり、ニードル針の部分だけ保湿の効果があるんじゃないの??

 

と気になりますよね。

 

ニードル針の付いている部分は、パッチの中央部分だけ。

 

ヒアロディープパッチ 乾燥

 

ほんの少しの範囲しか、乾燥を改善できないのでは???

 

と不安になってしまいます。

 

大丈夫!

安心してください!

ヒアロディープパッチ 乾燥

ヒアロディープパッチで、がっつり保湿されるのは、パッチ全体部分です。

 

ヒアルロン酸の針は、中心部分にしか付いていませんが、翌朝パッチを取り外すと、次の画像のような状態になっています。

 

ヒアロディープパッチ 乾燥

 

どうですか?

 

ほうれい線や目の下の貼り付けたパッチ部分の肌がふっくらして、明らかに他の肌とのキメも違いますよね?

 

毛穴の凹凸が驚くほど消えて、パッチを貼り付けていた部分だけ滑らかになっています。

 

これは、ヒアロディープパッチによって、潤いをキープできている肌の状態、つまり乾燥していない美しい肌状態です。

 

もちろん、この後、メイクをした時は、メイクのりも良く、いつもならファンデが食い込んでいた目尻のシワやほうれい線は、潤いもキメもキープできていました。

 

このパッチは、顔中に貼るようではないので、もちろん基礎化粧品などでお顔全体の乾燥予防・保湿をすることは必須ですが、特に乾燥する部分には、ヒアロディープパッチは効果が絶大でした。

お顔全体の乾燥を改善するためのアイデムではありませんが、部分的なケアとしては必須アイテムといえるでしょう。

ヒアロディープパッチは、週に1回のスペシャルケアですが、1ヵ月程度は、スペシャルケアをした日から2〜3日すると、元の乾燥した肌に戻る状態になる人もいます。

 

でも、スペシャルケアを継続するにつれ、最初は2〜3日しか持続できなかった潤い肌も、持続期間が少しずつ長くなっていきますよ!

 

 

乾燥肌にヒアロディープパッチを使うデメリットとメリット

 

乾燥肌の方は、肌のトラブルを抱えやすいため、ヒアロディープパッチのようなアイテムに頼りたい方も多いですよね。

 

ヒアロディープパッチを、乾燥肌の方が使用する上で、注意しなければならない点をあげるとすると・・・

 

唯一、乾燥肌の方は、ヒアロディープパッチを貼る際に痛みを感じやすい傾向にあるという点です。

ヒアロディープパッチの口コミを調査すると、乾燥肌の方は、ヒアロディープパッチのマイクロニードルを貼り付ける際、「チクチクする」という口コミが多い印象でした。

恐らく、乾燥していることによって、敏感肌になっており、刺激に対して肌が弱くなっていることが考えられます。

 

そのため、入浴後や、しっかりと保湿した後で使用する必要があります。

保湿をしっかりと行ったあとで、ニードルパッチを貼り付けると、「痛みが軽減した」「痛くない」などの口コミが多いです。

実際に、乾燥肌の私も試してみましたが、洗顔後にスキンケアでしっかりと潤した肌に貼り付けたところ、痛みは全くありませんでしたよ!

 

ヒアロディープパッチ 乾燥

 

ヒアロディープパッチの商品レビューのページは↓コチラ↓からご覧ください!

 

>>私のヒアロディープパッチの口コミをご覧になりたい方はコチラ!

 

デメリットであげると、唯一、貼る前のお肌の保湿がありますが、他はメリットばかり♪

 

乾燥によるシワでお悩みの方は、美容クリニックのヒアルロン酸注射を検討したことのある方もいらっしゃるかもしれません。

ヒアルロン酸の注射は、即効性があり、効果をすぐに実感できるというメリットがありますが、痛みが強く、一時的な皮膚の変色・水泡・しこりなどの症状があらわれることがあります。

その点、ヒアルロン酸で作られたニードル針のついたヒアロディープパッチは、副作用を心配することなく、高い効果を実感することができます。

 

美容クリニックの場合は1回につき5〜10万円の料金のところが、ヒアロディープパッチなら、週に1回のスペシャルケアで1ヵ月で3,000円台でケアできちゃうので、驚きですよね!

 

美容クリニックでのヒアルロン酸注射の効果の持続力は、2週間程度しか続かない人もいるので、かなりお高い施術料になってしまう可能性もあります。

 

それに比べて、ヒアロディープパッチは、使用する度に乾燥している期間が短くなっているのを実感できます。

 

自宅で、手軽に乾燥ケアができるのいうメリットも嬉しいですね!

 

乾燥肌にお悩みの方は、必ず備えておいて間違いない商品ですよ!

 

 

乾燥肌には美容液とヒアロディープパッチのどっちが効果的?

 

美容クリニックのヒアルロン酸注射は、ヒアロディープパッチと比較するとデメリットが目立ってしまいました。

 

では、美容液と比較したらどうなの??
と、単純に思いますよね?!

 

ヒアロディープパッチ 乾燥

 

美容液には、美容成分が濃縮され、肌表面から浸透させていきます。
そのため、水分や美容成分が肌の奥まで浸透するには、時間が必要です。

 

継続することで、乾燥肌が改善したり、肌にハリを感じることはできても、持続性や即効性を期待するのは難しいでしょう。

 

ヒアロディープパッチは、画像のように、貼り付けたパッチ部分が目で見て解るほど、皮膚のキメが整います。

 

ヒアロディープパッチ 乾燥

 

画像では、毛穴の凹凸も解りにくくなるほど、肌がふっくらしています。
肌が乾燥した状態では、画像のような肌には決してなりません。

 

これほどまでの変化を美容液を使用した翌日に実感できるかというと、NOとしか言わざるを得ないでしょう。

 

美容液とマイクロディープパッチを比較し、最も重要視する点は、「浸透力と浸透スピード」です。

 

ヒアルロン酸で作られたニードル針の先端が、肌の奥までダイレクトに届けるため、ヒアロディープパッチの方が、浸透力と浸透スピードの両方で優れているのです。

 

両者のどちらが効果的か?と聞かれたら、ヒアロディープパッチを言わずにはいれませんね。

page top