ヒアロディープパッチを上まぶたに貼っていいの?たるみは解消する?

ヒアロディープパッチは上まぶたのたるみに効果なし?

 

ヒアロディープパッチ 上まぶた

 

年齢を重ねるにつれ、こんな風に感じる方もいらっしゃるのではないでしょうか?

 

  • 二重まぶたが一重になってきた
  • まぶたが下垂してきた
  • 目の大きさが小さくなった
  • 上まぶたのハリがなくなった
  • アイメイクが映えにくくなった

 

年齢を重ねるにつれ、このようなお悩みを持つ方が増えます。

 

私(当サイトの管理人)は、アイラインが描きにくくなることで、上まぶた・目の周りの老化現象を実感するようになりました。

 

ハリを失い、下垂しているまぶたを引き上げるために、ヒアロディープパッチで効果があるのなら、上まぶたに使用したくなりますよね!

 

でも、ヒアロディープパッチの上まぶたへの効果は、どの程度なのでしょうか?

ヒアロディープパッチ 上まぶた

気になったので、メーカーさんに問い合わせて、さらに上まぶたの下垂・たるみについて調べてみることにしました。

 

 

ヒアロディープパッチは上まぶたに貼ってOK?問い合わせてみた!

 

ヒアロディープパッチは、ほうれい線や目の下の小じわにフィットするような形状になっています。

 

ヒアロディープパッチ 上まぶた

 

そのため、上まぶたに貼るのは、目の下の小じわに貼り付ける時と上下を逆にすると、目の上にも貼りやすいかもしれません。

 

しかし、化粧品の中には、目の周りの薄く柔らかい皮膚を避けて使用するタイプのものも多く存在します。

 

ヒアロディープパッチは上まぶたに貼っても問題ないのか、メーカーさんに問い合わせてみました。

 

 

ヒアロディープパッチ 上まぶた

 

ヒアロディープパッチは上まぶたに貼っても危険性はありませんか?

 

貼って効果はどのくらいありますか?


 

ヒアロディープパッチ 上まぶた

 

ヒアロディープパッチは、上まぶたにもお使いいただくことが可能です。

 

特に使用を禁止している部位がないので、お悩みの場所にお使いいただけます。

 

ただし、
上まぶたに一度貼ってしまうと、目を開けられなくなってしまうことや、貼る際に痛みを感じやすいことなど、デメリットも存在します。


 

 

なるほど・・・

 

上まぶたは、皮膚が薄くてニードル針の痛みを感じやすいことや、まばたきで開閉するため、寝る直前しか貼り付けられないというデメリットがあるようですね。

 

でも、デメリットを上回るような効果を実感できるなら、是非、上まぶたにも使ってみたいですね。

 

では、どのようにヒアロディープパッチを上まぶたに使用すれば、デメリットを上回るメリットを得ることができるのでしょうか?

 

 

ヒアロディープパッチを安全に上まぶたに使うには?

 

ヒアロディープパッチは、上まぶたに使用することができますが、効果的で安全に使う方法をご紹介しますね。

 

上まぶたに痛みを感じさせない方法

上まぶたは、皮膚が薄く乾燥していることが多いため、ヒアロディープパッチのニードル針が痛く感じてしまう可能性があります。

 

実際に、上まぶたに試してみてた結果、ほうれい線、目の下のたるみ、眉間のシワの中で、一番痛みを感じる場所でした。

 

悪い口コミには、ヒアロディープパッチのニードル針の痛みによって、ケアが続けられない人もいます。

 

ヒアロディープパッチ 上まぶた

 

このようなことにならないためにも、上まぶたをしっかりと保湿した後に、ヒアロディープパッチを貼り付けるようにしましょう。

 

入浴後、しっかり保湿された状態で使用するのがオススメです。

 

 

上まぶたに貼りつけるタイミング

当たり前ですが、上まぶたに貼るということは、目を閉じた状態になりますよね。

 

そのため、寝る直前に貼り付けなければいけません。

 

ヒアロディープパッチ 上まぶた

 

とはいっても、なかなか眠りにつくまでに時間がかかってしまって、無意識に上まぶたが動いてしまうこともあるかもしれません。

 

上まぶたを保湿する際、乳液を使用した場合は、ヒアロディープパッチを貼り付ける前に、ティッシュオフをして油分を取り除いてから使用するようにしましょう。

 

そうすることで、上まぶたから剥がれにくくなりますよ!

 

就寝中、ヒアロディープパッチがしっかりと上まぶたに密着させることができれば、朝、目覚めた時に、上まぶたにハリを感じることができます。

 

 

上まぶたへのサイズ調整・貼り付け方

ヒアロディープパッチは、上まぶたに使用するには、サイズが合わない人の方もいらっしゃるかもしれません。

 

その場合は、ヒアロディープパッチの中央のマイクロニードルの部分をカットしないように、パッチの両端をカットし、サイズを小さくするといいですよ!

 

ヒアロディープパッチ 上まぶた

 

上まぶたに「くぼみ」がある方は、上まぶたにヒアロディープパッチが密着しにくいことも考えられます。

 

くぼんでいて、密着しにくい場合は、ヒアロディープパッチを貼り付けた後、指でポンポンと軽く押さえて、上まぶたのくぼみにそって、パッチを肌に密着させましょう。

 

朝まで、しっかりと密着させることが、効果を最大限に引き上げる方法です。

 

 

上まぶたを下垂・たるませないために日常生活で気を付けること

 

実は、毎日の習慣が上まぶたの下垂やたるみの原因になっていることもあります。

 

  • 目を酷使している
  • 見開く時、眉毛を使う癖

 

これらのことに気を付けるだけで、上まぶたのたるみを予防することができますよ!

 

目を酷使している方は、温タオルと冷タオルを交互にパックすると、目の疲れが取れ、スッキリしますよ!

 

タオルでパックするのは面倒臭い!という方は、ドラッグストアに売られている目専用の温パックを使用すると便利です。

 

保湿後、ヒアロディープパッチを上まぶたに貼り付けた後、温パックをすると、リラックス状態にしながら、ヒアルロン酸を上まぶたに浸透させることができます。

 

目を間違って開いて、ヒアロディープパッチが剥がれてしまうのも予防できますね!

 

私も実際に、ヒアロディープパッチを貼った上に、温パックを使用してみましたが、翌朝、目元がクッキリしますよ!

 

この他の私の体験画像や口コミをご覧になりたい方はコチラから!

 

ヒアロディープパッチの口コミ

 

また、

ものを見る時に眉毛を上げる癖のある人は、なるべく早くその癖に気づき、改善する必要があります。

 

普段、私たちは、目を開く時に眼瞼挙筋という上まぶたの筋肉をつかっていますが、この筋肉が疲労すると、眼瞼下垂の原因になってしまいます。

 

目を開いたり、目を見開く時に、額の筋肉を使っていると、眼瞼挙筋が使用されることなく衰えてしまいます。

 

疲労するまで使用することもNGですが、使用しなくなると、たるみの原因になってしまいます。

 

日常生活の中で、眉毛に意識して、引きあがっていることがないか(額の筋肉を使い過ぎていないか)をチェックする必要があります。

 

目の力(眼瞼挙筋)を使用して、温パックでリラックスさせる習慣を身につけておくことで、上まぶたの下垂・たるみを予防することができます。

 

さらに、ヒアロディープパッチでケアすることで、予防だけでなく早期に改善することが期待できますよ!

 

 

ヒアロディープパッチより上まぶたに効果があるアイテムとは?

 

上まぶたにも貼れて、効果も期待できるヒアロディープパッチですが・・・

 

上まぶたは、痛みを感じやすいことや貼りにくいなどのデメリットも多いです。

 

実際に私が上まぶたに試した結果、上まぶたのハリやふっくらした弾力など、メリットを感じたのも確かですが、実際に使用しにくいというデメリットもありました。

ヒアロディープパッチ 上まぶた

貼った後、目を開けられないという点が、正直面倒に感じてしまいました。

 

そんなヒアロディープパッチ以外に、上まぶたをケアできる他のアイテムはないのか気になりますよね。

 

下垂してきた上まぶたをケアするための専用美容液が、ヒアロディープパッチの販売元(北の快適工房さん)から、リッドキララという商品が販売されています。

 

ヒアロディープパッチを上まぶたに使用するのが、自分に合わない場合は、アイテムをきっぱり変更してみるのも良いかもしれません。

 

ただし、ヒアロディープパッチは、週に1回のケアで効果を実感できるスペシャルケア商品です。

 

リッドキララを始め、多くの目元専用美容液は、毎日継続することが必要なアイテムがほとんどです。
どちらが、自分にとって合うのか検討してみるといいでしょう。

 

ヒアロディープパッチだけでなく、どのような化粧品も、最低でも3ヵ月以上は、定められた使用頻度で継続することで効果を実感することができます。

 

自分自身が続けられるケア商品を選ぶことが大切です。
上まぶたのケアは、下垂が気になってからではなく、下垂やたるみが気になってくる前に、ケアを始めることも大切ですよ。

 

年齢のサインは40代から少しずつ実感する女性が多いですが、30代からケアを始めても早くはありません!
いつまでも、若々しい目元の女性は、将来の美魔女を作ります。

page top